スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
べにしぐれ
こんにちは。

今日は天気がいいですねぇ~~
紅葉を満喫しながら 露天風呂 なんて最高でしょうね。

店長も ”浮世の垢” を洗い流しに行くぞっ!

・・・そのうち  ・・・ そのうちかいっ!    店長です。
この間、本社の工場長と電話でお話しする機会がありまして・・・
「あのがっこ、食ったが?」

ちなみに、「(この間送った)あの漬物、食べてみたか?」
こんな意味なんですが・・・

なんでも、「べにしぐれ」 という大根を漬けてみたとのこと。
店長も興味津々です。

紅しぐれ (1)

どちらも おんなじ大根だそうです。
”お酢” に漬けておくと、勝手に右側の袋のように赤くなるんですって・・

なぜ?なぜ?教えてデンジロウ先生!

残念ながら 盛り付けした写真は撮り忘れました。
食べてみた感じは、普通の大根より硬めで パリパリしてました。

おいしかったですよ。

売店いぶりがっこ

”いぶりがっこ” も、そろそろ今年のが出てくる・・・ かしら?
まだ早いかな・・?

いずれにしても、漬物を漬ける人たちは 大忙しでしょうね。
今年の ”がっこ” はどんなんかなぁ~~?
今から楽しみです。            ではでは





お付き合いいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しております。

 人気ブログランキングへ

秋田弁で漬物を ”がっこ” っていいます。  「イチポチッ」 「ニポチッ」 お願いします。

モンド最高金賞 そうめん冷2 生うどん ざる (2)

  「いなにわ手綯うどん」 「いなにわそうめん」 「幻の生麺」
        ご注文は →→→ こちら から どうぞ。

 寛文五年堂 秋田キャッスルホテル店   11:30~21:00 (L.O.) 年中無休
スポンサーサイト
【2009/11/07 16:37】 | 食べ物・食材 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
男鹿といえば・・・
こんにちは。

”男鹿” ということで、店長の一番のおすすめは・・・
「入道崎の夕日」 です。      って・・ 食べ物じゃないじゃんっ!

まぁまぁ・・・  ”入道崎” は男鹿半島の先っちょなんですが、そこから見る夕日は
「金曜ロードショー」 を超える美しさですよ。        店長です。
男鹿といえば、「秋田音頭」 にも唄われてるように やっぱり ”はたはた” ですかねぇ・・・
ただ 時期が・・・

漁港がありますので 新鮮な魚はあります。
ただ、割と有名なところは・・・
例えば、”タイ” とか ”岩ガキ” 、あと ”はたはた” なんかは時期がちょっとなんです。

でも まぁ、”収穫の秋” ですし・・・
お店では 「しょっつる」 を使った ”かやき” なんかを出す予定です。

しょっつる 諸井 (1)

はたはたで作った魚醤、”しょっつる” です。
”しょっつる” については明日かな・・?

話が戻りまして、男鹿の魅力ですが・・・
温泉もありますし なんといっても豊かな自然と おいしい食べ物でしょうね。

今回初めて知ったんですが、男鹿は ”梨の北限” だそうです。
青森や北海道のは ”梨はなし” なんですね。

店長が個人的に好きなのは ”石焼き” ですね。
魚介類や野菜と味噌仕立てのダシの入った桶に、焼いた石を入れるんですが、
これがおいしいんです。

「しょっつる鍋」 のほうが有名だとは思いますが・・・
興味のある方はぜひ、男鹿に行ってみてください。
夏もいいんですが、これから秋も素敵ですよ。

今日はこんなところで・・・       ではでは






お付き合いいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しております。

 人気ブログランキングへ

店長はこれからのほうが好きだなぁ・・  「イチポチッ」 「ニポチッ」 お願いします。

モンド最高金賞 そうめん冷2 生うどん ざる (2)

  「いなにわ手綯うどん」 「いなにわそうめん」 「幻の生麺」
        ご注文は →→→ こちら から どうぞ。

 寛文五年堂 秋田キャッスルホテル店   11:30~21:00 (L.O.) 年中無休
【2009/09/03 09:11】 | 食べ物・食材 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ミズの塩もみ・・ もみもみもみ・・・・
こんにちは。

もみもみ・・  もみもみ・・・

”もみもみ” といえば、「手の味」 という言葉があるそうです。
確か、韓国だったと思うんですが お肉にタレを ”もみもみ” するときは
素手でやると美味しくなるそうです。        店長です。
"手の味” ・・・
人によって感じ方はさまざまでしょうが、店長はなんとなく好きですね。
「おにぎり」 も、素手で握ったののほうが おいしい気がするんですが・・・

皮むきミズ

写真は、先日紹介させていただいた ”ミズ” です。
皮をむいて、さっと湯通ししたものなんですが、ここまでくればもう・・・
煮てよし、炒めてよし・・・
店長の大好きな ”塩もみ” も作っちゃいました。

ミズの塩もみ

一応 お店でお出しするものなので、手袋をして もみもみしちゃいました。
あっさりしてて、いくらでもいけちゃいます。

材料なんか書いちゃおっかなっ!

ミズ・きゅうり  適量 (同量くらい)
生姜・茗荷  適量 (お好みで)

調味料  塩 適量  砂糖 少々(ほんの気持ち程度)

ミズときゅうりを塩もみすると、多少 アクが出てきますので、
店長は一回 軽く洗います。
それから、生姜と茗荷を入れて軽く ”もみもみ” ですね。

簡単ですので、みなさんもぜひ作ってみてください。     ではでは





お付き合いいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しております。

 人気ブログランキングへ

だいたい ”適量” です。 「イチポチッ」 「ニポチッ」 お願いします。

モンド最高金賞 そうめん冷2 生うどん ざる (2)

  「いなにわ手綯うどん」 「いなにわそうめん」 「幻の生麺」
        ご注文は →→→ こちら から どうぞ。

 寛文五年堂 秋田キャッスルホテル店   11:30~21:00 (L.O.) 年中無休
【2009/07/07 09:13】 | 食べ物・食材 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
じゅんさい
こんにちは。

市町村合併して、町名が変わったところがたくさんありますが、
いまだによくわかってません。

秋田で ”じゅん菜” といえば、森岳だと思ってるんですが、
いまでは、「三種町」 というらしいです。      店長です。
じゅん菜は、瓶詰めなどで 年中手に入りますが、
お店では 基本的に ”生のじゅん菜” だけを使ってますので、
これからが 本格的なシーズンになります。

生じゅんさい (2)

森岳 (三種町) の知り合いの方から、分けていただいてる
生のじゅん菜です。 (写真は、サッと湯通ししたものです。)

じゅん菜も、小さいのが値がはって上品なのですが、
地元の方に言わせると・・
「ある程度大きいほうが、じゅん菜の味がしておいしい」 そうです。

セールストークも多少はあるかもしれませんが 店長も食べてみて・・・
「はいっ!そう思います」

生じゅんさい (1)

ピントが ちょっと・・・  なんですが、このプルプル感!
お分かりいただけますでしょうか?

美容にもいいらしいです。
まぁ、店長は 「花より団子」 ですから、そこはあんまり・・・  ですが、
興味のある方は ぜひ食べてみてください。

産地の人には、採りたてを 生のまま食べちゃうっ!
そんな人もいるらしいです。
つまみ食いですね。

残念ながら瓶詰めにすると、どうしても
この ”プルプル感” や ”香り” があんまりなくなっちゃうんですよね。

ちなみにお店では、

 ・じゅん菜酢   ¥600
 ・じゅん菜、竹の子、蕗 の天ぷらうどん   ¥1,500
 ・生じゅん菜入り鴨せいろうどん    ¥1,600


で、お出ししてます。 7月いっぱいくらいでしょうか・・?
生のじゅん菜がなくなり次第 終了です。      ではでは





お付き合いいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しております。

 人気ブログランキングへ

プルプル・・ プルプル・・・・  「イチポチッ」 「ニポチッ」 お願いします。

モンド最高金賞 そうめん冷2 生うどん ざる (2)

  「いなにわ手綯うどん」 「いなにわそうめん」 「幻の生麺」
        ご注文は →→→ こちら から どうぞ。

 寛文五年堂 秋田キャッスルホテル店   11:30~21:00 (L.O.) 年中無休
【2009/06/15 09:16】 | 食べ物・食材 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
ミズ
こんにちは。

秋田は、なんだか はっきりしない天気が続いてましたが・・・
一昨日あたりから ようやく晴れたりなんだりと・・・  
(なんか変な文章ですいません)

でも、この ”はっきりしない天気” が、紫外線をさえぎって
色白な ”秋田美人” を育ててくれてるんだと思えば・・・  ねぇ・・

そんなに悪いことでもないかも・・      店長です。
昨日紹介した 「山菜たっぷりのよくばりうどん」 にものっかってましたが、
タイトルの 「ミズ」 というのは、山菜の名前です。

秋田の人にとっては、なじみの深い山菜なんですが・・・
全国的には そうでもないみたいですね。

ミズ

こんなのです。
沢に行けば、たくさん生えてるみたいですよ。

なんで、もっと食べないんでしょうかね・・?
理由は大体察しがつきますが・・・ 本当にこんな理由なのかしらん?

「皮をむくのが面倒くさい・・

皮さえむいちゃえば(手でむけますよ)、クセもあまりないですし、
粘りもあっておいしいのに・・・

ミズと合鴨 (1)

”天ぷら”や”おひたし”はもちろん、煮てもよし、炒めてもよし、
味噌と一緒に叩いてご飯にのっけても・・・  おいしいんですよ これが。

写真は、合鴨の付け合せとして さっと煮たものです。

ちなみに、店長が個人的に好きな食べ方は、
「きゅうりや生姜と一緒に塩もみしたの」 (←料理名か?) とか、
「くじらかやき」 ですね。

「くじらかやき」 っていうのは、
”汐クジラ” と ”なす” を味噌や塩魚汁で味付けした鍋料理です。
これに ”ミズ” をいれると、さらにおいしさアップ!なのですよ。

店長が子供にころは、汐クジラがまだ安かったこともあって、
この時期 腹いっぱい食べた(食べさせられた?)ものです。

腹いっぱい食べると クジラの脂のせいで、
次の日 おなかがゆるくなる・・・

そんなのも含めて懐かしい思い出の食べ物です。
また、腹いっぱい食べたいなぁ~~        ではでは





お付き合いいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しております。

 人気ブログランキングへ

今日も勝手に ノスタルジー 「イチポチッ」 「ニポチッ」 お願いします。

モンド最高金賞 そうめん冷2 生うどん ざる (2)

  「いなにわ手綯うどん」 「いなにわそうめん」 「幻の生麺」
        ご注文は →→→ こちら から どうぞ。

 寛文五年堂 秋田キャッスルホテル店   11:30~21:00 (L.O.) 年中無休





【2009/06/04 09:15】 | 食べ物・食材 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。